メニュー

ご挨拶

院長 野口 啓(のぐち けい)

経歴
滋賀医科大学 卒業
専門医資格・指定医資格
  • 日本内科学会認定 総合内科専門医
  • 日本救急医学会認定 救急科専門医
  • 日本腎臓学会認定 腎臓専門医
患者様へメッセージ
「幅広く丁寧に」を診療のモットーに掲げています。2年間の初期研修終了後は、専門分野として腎臓内科を選びました。
腎臓というと、目立った印象を持たれないと思いますが、最近はCKD(慢性腎臓病)として注目が集まっている分野でもあります。特に末期腎不全に至ると透析治療が必要となるのですが、腎臓だけを診るものではなく、感染症、脳、心臓、肺、消化管、糖尿病などを中心に、様々な合併症を同時に対応しなければなりません。病名を10種類近く抱えているような方も珍しくはありません。
そこで、ある程度幅広い知識は得られましたが、さらに追及したいものがあり、救命救急の分野に転科しました。
予想通り、内因性(内科的疾患)、外因性(外科的疾患、中毒)、精神的疾患など、すべての分野に対応する世界でした。さらに、幸いにも修行を行った病院は、徹底的に詳細なカルテを仕上げなければならず、「診断に至った理由は何か」「入院に上げる際に絶対に見落としはないか」など、深く考察を行う病院でした。修業はもちろん過酷なものでしたが、おかげで何でも診る癖が身につき、さらに、「広く浅く」でもなく、「広く丁寧に」というスタイルになりました。
最近は、「何の医者か?」という質問には、「何でも屋さんです。」と答えることが多いです。もちろん、自分が対応できる範囲と、病院受診が必要な範囲は冷静に判断し、適切に病院への紹介や、救急搬送の判断を行っています。
また、私は最初は農学部に入学し、学生時代に社交ダンスの競技ダンサーとして活躍しておりました。卒業後は、医学部へ再受験し、社交ダンスは講師としての仕事としました。接客業としての基本的な礼儀を学ぶことができましたし、生徒様にダンスのステップ、技術などを教える際に、「どうやったら分かり易く伝わるか」を研究し、説明に工夫を凝らす毎日でした。その経験は現在、患者様に症状説明をする際の大きな助けとなっています。

理事長挨拶

当院は60年以上にわたり、町田市の地域医療・福祉・介護に携わって参りました。
そのため、長く町田市内にお住まいの方々には親しみを持っていただいており、世代を超えて通院してくださる患者さまも少なくありません。一方、最近町田市内に引っ越して来られた方々の中には、昭和の時代を思わせる建物に驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。
長く続く病院には、長年のノウハウが蓄積されています。地域の病院として、病に悩む患者さま一人ひとりにさまざまな角度から向き合い、時間をかけて治療に寄り添う――町田せりがやクリニックはそんな医療機関です。

医療法人社団 せりがや会
理事長 中村和広

当院の理念

  • 科学的な根拠に基づいた医療を提供致します。
  • 単発的な治療だけでなく、全人的な健康管理の提案、高齢者の生活の質の向上のお手伝いを致します。
  • 地域に根差した医療と福祉の理想の形を追求します。
基本理念は、およそ60年前に当院の創設者が定めたものです。現在とは社会環境も医療技術もまったく異なる時代だったにもかかわらず、エビデンスに基づく医療や、病気の治療だけに留まらない予防医療の考え方、超高齢社会の到来と生活の質の重要性を当時から予見した内容となっています。今後も当院は創設者の基本理念を忠実に遵守し、地域に根差した医療と福祉をご提供し続けます。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME